※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

羽田空港の飛行機発着ルール 最新版

別のブログ内にあった発着ルールを参照しやすいように記事で独立させました。
元の記事はこちらを御覧ください。

羽田空港の発着ルール

羽田空港にはA~Dの四本の滑走路があります。
これが当日の風向きなどによって

  • 使用する滑走路
  • 離着陸する方向

が変化します。


© OpenStreetMap contributors

飛行機の離発着ルールですが、ざっくり整理すると下記です。

  • (燃費対策から飛行機の揚力を稼ぐ目的で)風が向かい風になるように離発着する
  • 使用する滑走路は航空会社によらない
    羽田の場合、どちら方面に行くのか、どちら方面から来たか で複数の滑走路をどう使用するのかが決まる
使用するルートの呼称は進入方向で決まります。また、同じ方角を向いている滑走路が複数ある場合はL/R(左なのか右なのか)で区別します。
進入方向は真北を0度、真南を180度として360度表記の10の位で表現します。同じ滑走路を北風運用と南風運用で使用する場合は全く方向が逆になるので、ちょうど数字が18(180度)ずれた数字の呼称となります。
例:34Lは340度方向(ほぼ真北方向で進入)、向かって左側の滑走路を使用 ということになります。
例:34Rを逆方向で運用すると16Lになります

図でもう少し羽田の滑走路の運用ルールを整理しましょう。

横風(東西方向)が強いなど、荒天時は一部例外がありますが、概ね下記と思っておけば大丈夫です。

■北風運用時
◯着陸
南方面から来る飛行機はA滑走路、北方面から来る飛行機はC滑走路に着陸
◯離陸
南方面に向かう飛行機はD滑走路、北方面に向かう飛行機はC滑走路で離陸


© OpenStreetMap contributors

■南風運用時
◯着陸
南方面から来る飛行機はB滑走路、北方面から来る飛行機はD滑走路に着陸
◯離陸
南方面に向かう飛行機はA滑走路、北方面に向かう飛行機はC滑走路で離陸


© OpenStreetMap contributors

■羽田新ルート運用時(南風運用限定、時間限定(15~19時のうち3時間程度))
◯着陸
南方面から来る飛行機はA滑走路、北方面から来る飛行機はB滑走路に着陸
◯離陸
南方面に向かう飛行機はB滑走路、北方面に向かう飛行機はC滑走路で離陸
A滑走路を使用することもあるみたいです。


© OpenStreetMap contributors

なお、風向きは1日のうちでも変化します。午前中は北風運用でも午後は南風運用と変化することもあるので注意してください。

最新の状況はFlightRaderなどで確認もするようにしましょう。

Live Flight Tracker - Real-Time Flight Tracker Map | Flightradar24
The world’s most popular flight tracker. Track planes in real-time on our flight tracker map and get up-to-date flight s...

コメント

タイトルとURLをコピーしました